あなたの給料が何年たっても上がらない3つの原因と対処法を紹介

【月収を5倍にした実績アリ】
あなたの給料が何年たっても上がらない
2つの原因と対処法を紹介

だいき

この記事では、月収100万円稼ぐエンジニアの僕が、自身の経験を元に、あなたの給料が上がらない原因と対処法をお伝えします。

 

「会社で働き続けていても、全然給料が上がらない」

「周りのみんなは給料が増えているのに、一体なんで自分だけ…」

「何か給料を劇的に上げるための対処法があれば知りたい」

 

会社に勤め続けているのに
給料が全然上がらないって、
かなり深刻な問題ですよね。

 

給料が少ないと、趣味にお金を使えないし、
外食も気兼ねなく好きなお店に行けないし、
親や恋人に何かプレゼントすることすらもできません。

 

1度きりの人生なのに、
会社の給料に悩まされて
自分のやりたいことができない…

 

そんな悲惨な毎日を送るのは、
誰しもが避けたいことだと思います。

 

実は僕自身も元々は
法人営業のサラリーマンをしていて、
手取り20万円ほどのお給料で
悩んでいた経験があります。

 

今回は、そんな状況から
月収100万円を突破できた理由の
種明かしもしていくので、

 

過去の僕と同じような
悩みを抱える方にとっては
かなり参考になるのかなと…!!

 

なので、お給料が増えなくてお悩みの方は、
この記事を読んで原因と対処法を知り、
収入を増やすためのきっかけを
作っていただけければ幸いです。

あなたの給料が何年たっても
上がらない2つの原因

あなたの給料が上がらない原因は

  • 給料の低い業界、職種に就いているから
  • 会社の給与水準が低すぎるから

の2つのいずれかに該当する可能性が高いです。

 

それぞれ深ぼって解説します。

1.給料が低い業界、職種に就いているから

あなたの給料が上がらない原因の1つ目は、
「給料が低い業界、職種に就いているから」です。

 

そもそも、給与水準が低い業界、
業界が伸びていない市場に位置する場合、
思うように給料が上がらないのは当然でしょう。

 

たとえば、薄給だとよく言われる

  • 保育士
  • 介護士
  • 小売業

などの業界や職種に就いていると、
どんなに頑張っても
給料の上がり幅には限界があります。

 

仕事でめちゃめちゃ成果を上げようが、
どんなに残業しようが、
そもそも給与水準が高い業界で働く人よりも
給料が低くなるのは当然です。

 

じゃあ給与水準が高い業界・職種には
何になるのかと言うと…

  • 医師
  • パイロット
  • 不動産営業
  • 保険営業
  • Webエンジニア

などが筆頭にあげられます。

 

これを見てお分かりいただけるように、
給料が上がりやすい業界というのは
元から決まっているものです。

 

しかし、今から
医師やパイロットになろうと思うと、
免許の取得のために
多大な学費と時間が必要になります。

 

じゃあ歩合制で給料が増える
不動産や保険の飛び込み営業をするのか?

 

飛び込み営業が苦じゃない方は
良いかもしれませんが、

 

いきなり知らない人の家を訪問して
不動産とか保険を売るのって、

 

相当コミュニケーション能力が高くて
頭が良いとかじゃないと厳しいですよね?

 


平均年収が他の職業に比べて
約100万円ほど高い
Webエンジニアを目指すのがおすすめです。

 

後にも詳しく解説しますが、
僕は自身がWebエンジニアとして
月収100万円を達成できた方法を
公式LINEにて期間限定で配信中です。

 

今だけ無料で全てのコンテンツをご覧いただけるので、
興味がある方は下記のボタンからご登録ください。

エンジニア転職で給料UPを目指す!!


※1タップでLINEの友達追加ができます。

2.会社の給与水準が低すぎるから

あなたの給料が上がらない原因の2つ目は、
「会社の給与水準が低すぎるから」です。

 

そもそも、会社の給与水準が低ければ、
どんなに仕事を頑張ろうと
給料が上がることはありません。

 

仮に年功序列の会社に属する場合、
あなたの給料が上司以上に上がることは
絶対にありませんし、

 

会社に20年以上勤続している
上司の年収が500万円だったとすれば、

 

あなたがこの先20年、
今の会社で働き続けても
同じような給料になる可能性は高いです。

 

なので、まず見るべきは
上司の給料がいくらなのか?

 

そもそも社内にいる人間の
給料の中央値はいくらなのか?

 

経理担当者で仲の良い人とかがいれば、
こっそり教えてくれるかもしれません。

 

僕も新卒で入った会社を2年で辞めましたが、
きっかけは同期の経理担当者から
上司の給料を聞き、
自分の将来が不安になったからでした。

 

なので、可能であれば上司の給料は
リサーチできると良いと思います。

 

では、続いて給料が上がらない状況を
より確実に打開する対処法をお伝えしますね。

確実に給料を上げたいなら、
給与水準の高い職業に転職しよう

続いて、
給料をより確実に上げるための対処法ですが…

 

1番確実で手っ取り早いのは
給与水準の高い職業に就くことです。

 

具体的には先ほどもご提案したように

  • 不動産か保険の営業で成果を出しまくる
  • そもそも平均年収が高いWebエンジニアを目指す

のどちらかが良いかと思います。

 

ちなみに僕や
僕の周りの人たちが短期間で
成果を出しているのは
Webエンジニアへの転職ですね。

サラリーマン全体の
平均年収が450万円と言われるこの時代で、

 

エンジニアは20代後半に
年収450万円を突破。

 

その後も平均で600万円台の
年収を得られるまでに収入が伸びます。

 

しかも、会社で実務経験を積めば、
個人で案件を取って
副業を行うことも可能。

 

僕や僕の公式LINEの登録者の方々も、
このサイクルで給料を増やし続けています。

 

ちなみに、
僕が実際に月収100万円を突破できた手順や、
副業案件の獲得まで解説している
無料の公式LINEでは期間限定で
メンバーを募集中!

一応、読者さんは2000名を超えていて、
僕が対応できる人数にも限界があるため、
一定数の登録があり次第、
こちらのページは非公開とさせていただきます。

 

ちなみに、今ご登録いただいた方だけに

「プログラミングとは?」
「エンジニアとは?」

などの基礎的な情報をまとめて
僕が解説しているセミナー動画も
無料配布中です!

 

なので、

 

「エンジニア転職に興味がある」

 

「たった11ヶ月で月収100万円を達成した方法を
事細かく知っておきたい」

 

と思われた場合は、
ぜひ下記のボタンからご登録を…!!

エンジニア転職で給料UPを目指す!!


※1タップでLINEの友達追加ができます。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。