Pythonは将来性があるは嘘?
本当に需要があるのは
webサイト制作系の言語

結論から言えば、

PythonはAI開発系の言語だし、
需要も将来性もある

は、別にそうでもないです。

 

むしろ需要や将来性という点で見れば、
Webサイト制作系の言語のほうが
断然良いです。

 

じゃあ、
なんでWebサイト制作系の
言語のほうが需要と将来性があるのか?

 

これは超単純で。

 

AIを持ってない会社って
多いじゃないですか?

 

でも、どんな小さな会社でも
信頼の担保であったり、
お客様の問い合わせ窓口として
Webサイトは持ってますよね?

 

つまり、Webサイト制作は
企業の数だけ仕事があるし、

 

企業は毎年のように
潰れて生まれてを繰り返す。

 

コロナ等の感染症の影響もあって、
ネットで買い物を楽しんだり、
娯楽を楽しむ人も増えましたし。

 

今後コロナが収まる気配は
現状ないですし、

 

仮に収まったとしても
また別の感染症が
流行する可能性だってあります。

 

なので、Webサイトって
需要がとてつもなく大きいんですよね。

 

それでも

 

AIは需要がある!
Pythonは将来性がある!

 

なんて言う人もいますが、
じゃあAI機能を搭載したモノを売るには
何が必要ですか?って言うと、

 

結局、Webサイトに行きつきますよね。

 

こんな風にWebサイトって
企業が利益を獲得する上で
超重要な役割を果たしてるワケです。

 

なので、必然的に企業側は
予算を割かないといけないので、
Webサイト制作の単価は高くなりがち。

 

そして、
サイトは頻繁に改修が起こるので、
仕事も半永久的に湧いてくる。

 

この事実を見れば、
PythonよりもWeb制作のほうが
需要があるのは明白ですよね。

 

しかも、Web制作だと、
個人で仕事を完結できるので、

 

在宅ワークや
フリーランスとしての独立も目指せますし。

 

諸々を踏まえた上で、
「Pythonは需要も将来性もある…」
は完全に間違いではない。

 

ただ、Web制作のほうが
もっと需要も将来性もあります!!
ってお話しでした。

 

では続いて、
Webサイト制作を始めるには、
どのプログラミング言語から学ぶべきか?

 

3つの言語を上げて解説していきますね。

Webサイト制作を始めるには何から学ぶべき?おすすめの3つの言語を解説

1.HTML&CSS

Web制作を学びたい方に
おすすめする言語の1つ目は

HTML&CSS

です。

 

HTMLとCSSは
Webサイトの制作の基礎言語のこと。

 

HTMLでテキストを表示させて、
CSSで文字の色やサイズを変えたりできます。

 

こんな感じで!!!!

 

↑これはHTMLで
「こんな感じで!!!!」という文字を表示し、

 

CSSで文字の色と
大きさを変えたものとなります。

 

文字が書いてないWebサイトって、
ないですよね?

 

つまり、文字を表示できる
HTML&CSSは基礎であり、

 

超重要な言語でもあるので、
ぜひ学ばれることをおすすめします。

2.Ruby

Web制作を学びたい方に
おすすめする言語の2つ目は

Ruby

です。

 

Rubyを学んでできることは

  • 簡易的なWebアプリの開発
  • 会員制のWebサイト制作
  • ショッピングサイトの作成

など。

 

特に、会員制サイトや
ショッピングサイトを作る際に
重宝されやすい言語です。

 

先ほどもお伝えしたように、
最近はコロナの影響もあって、
Amazon等を筆頭に
ネットで買い物をする人、

 

課金機能のある会員制サイトで
ゲームや動画を楽しむ人たちが
かなり増えました。

 

コロナが就職する気配はありませんし、
今後同様の感染症が
また流行する可能性もあります。

 

Rubyはオンライン化が進む世の中で
重宝される言語なので、
学んでおいて損はないでしょう。

3.JavaScript

Web制作を学びたい方に
おすすめする言語の3つ目は

JavaScript

です。

 

JavaScriptは
Webサイトに動きをつけられる言語です。

 

イメージはこんな感じ▼

出典:CodePen Home Hand written SVG text animation

 

たとえば、画面の背景デザインを変えたり、
サイト内でページを移動する際の
読み込み時にアニメーションを表示したり…

 

利用者を視覚的に楽しませるような
仕組みを搭載できるのが
JavaScriptの強みです。

 

Webサイト制作では
かなり活躍する言語かつ、

 

他の言語と組み合わせて使えれば
収益性も一気に上がるので、
ぜひ学ばれるといいと思います!!

 

って感じで、
Webサイト制作をこれから学ぶ人に
おすすめの3つの言語を
解説してきました。

 

ただ、注意してほしいのは、

 

「Webサイト制作さえやれば、
誰でも稼げて
在宅ワークを実現できるワケではない」

 

ってこと。

 

プログラミングで稼げるようになるには、
やるべきこと、

 

踏むべき肯定があります。

 

しかし、それを無視して動いてしまうと、
いくら需要や将来性のある言語を学んだとしても
一生稼げるようにもならないし、
在宅ワークなんて実現できません。

 

なので次に、
Webサイト制作をしても
一生稼げない人の特徴3選を解説します。

 

これに当てはまってしまうと、
いくらプログラミングを学んでも
”無駄な時間と労力の消耗”になるだけなので、

 

今のあなたの思考は大丈夫なのか??

 

注意深く見てみてくださいね!!

Pythonやってるのと変わらない!Webサイト制作をしても稼げない人の特徴3選

3.現場経験がないのにプログラミング副業を始めようとする

プログラミングをやっても
一生稼げない人の特徴3つ目は

現場経験がないのにプログラミング副業を始めようとする

です。

 

プログラミングの副業をするには
まず個人で仕事を取る
必要があるワケですが…

 

僕みたいな現場で働く
プロのエンジニアに勝たないと
副業案件って取れないワケですよ。

 

お客さん目線に立てば、
エンジニアとして働く
プロに仕事をまかせるのか、

 

現場経験のない、
我流でプログラミングを学んだ人に
仕事をまかせるのか…

 

安心して仕事をまかせられるのって、
現場経験が豊富な
プロのエンジニアですよね?

 

なので、現場経験のある人には
高単価で1発数十万レベルの案件が
ガンガン入ります。

 

しかし現場経験のない人は
1件1〜5万円くらいの価格なのに、
無駄に時間がかかる
面倒な案件が入りやすいです。

 

条件の良い案件は
プロのエンジニアに分配されるので、

 

現場経験のない素人エンジニアに
条件の悪い案件が流れるのは
当然と言えば当然ですが。

 

こんな感じで
現場経験がない状態で
プログラミング副業を始めると、

 

そもそも案件が取れない、
条件の悪い案件ばかりで
消耗して副業を継続できなくなりがちです。

 

しかも、今はプログラミングを1から学んで、
転職して現場経験を積む人が増えています。

 

なので、副業から始めて稼ぎたい人には
今よりも厳しい時代に
入っていくでしょうね…。

 

もしプログラミングで
稼ぎたい気持ちがあるのなら、
1からしっかり学んで、
最低でも1年以上は現場経験を積むと良いです。

3.独学でプログラミングスキルを伸ばそうとしている

Web制作系のプログラミング言語を学んでも一生稼げない人の特徴3つ目は

独学でプログラミングスキルを伸ばそうとしている

です。

 

エンジニア業界では有名な話ですが、
プログラミング独学の
挫折率は9割と言われていて。

 

プログラミングを我流で学ぶと
10人中9人は失敗するんですよね。

 

実際に、
今でこそ月100万以上を稼ぐ僕も、
過去にプログラミング独学で
2度も挫折しました…

 

そして、僕が勤める会社にいる
プログラマー・エンジニアの
8割くらいの方が、

 

プログラミング独学で
挫折した経験があるそうです。

 

今、前線でプログラミングを
仕事としているプロですら、

 

挫折率の9割の
壁にぶち当たって挫折しているワケです。

 

なのに、
パソコンが特別得意でもなく、
数学や英語がそこまで得意じゃない人が

 

プログラミングを独学で学んで
成功できるはずないんですよね。

 

そもそも
プログラミングを学ぶ目的は

プログラミングスキルを確実に身につけ、
お金を稼げるようになり、
理想の生活を実現するため

決して、
プログラミングを我流で学ぶこと。

 

プログラミングを
安く学ぶことが目的ではありません、

 

目的と手段を別で捉えて、
どうすればプログラミングスキルが身につくのか?

 

逆算して考えて行動をしないと
挫折するだけ。

 

なので、
まずは挫折しないためには、
どうやってプログラミングを学ぶべきか?を
知ることが重要です。

 

では、ここまで読んでくれた人だけに、
僕がプログラミング転職から
たった1年で月収100万と
在宅ワークを実現できるほどの
スキルを身につけた方法を紹介しますね▼

プログラミングスキル爆伸び!?
1年で月収100万を超えたのは
既に成果を出してる人から
アドバイスをもらったおかげ

プログラミングで2度も挫折した僕が
たった1年で月収100万円を達成できるほどの
スキルを身につけられた理由…

 

それは

既に稼いでいる人が
どのようにプログラミングを学び、
どのように年収を上げ、
どうやって在宅ワークを実現したのか

具体的な方法を知った上で
徹底的にマネをしたからです。

 

何か難しいことをしたとか、
そんなことではありません。

 

僕の場合は24歳にして
既に月80万円も稼いでいる
エンジニアの友人がいました。

 

なので、友人にアドバイスをもらい、
教えてもらった方法で
プログラミングを学んで
たった3ヶ月でプログラミングスキルを習得。

 

その後、副業の始め方も友人に教わり、
1年後には月収100万円を達成しました。

 

自分で考えるということは一切せず、
徹底的に成功者のマネをしてきたんです。

 

僕は友人に相談するまでに
自分で調べて考えて
あーだーこーだして
独学で挫折しました。

 

仕事終わりに眠い目をこすりながら
每日深夜1時まで勉強して
朝は6時に起きて。

 

每日がんばって、
がんばってたのに
挫折しました。

 

残念ながら社会は
結果を出せる人が称賛されます。

 

どんなに頑張っていたとしても、
過程は誰も見てくれません。

 

がんばり屋さんなんですね!
じゃあ雇ってあげましょう。
お給料をあげましょう。

 

とは、なりません。

 

僕が每日眠い目をこすりながら
プログラミングを学んでいた
あの時間は無駄でしかなかったんです。

 

僕の元によく、
こんな相談が舞い込みます。

 

「頑張ってるのに
プログラミングが分からない」と。

 

「じゃあ、どうやって
プログラミングを学んでるんですか?」

 

と、いざ聞いてみると…

 

「いや、そんな勉強の仕方で
理解できるワケないじゃん…」

 

という方がほとんど。

 

みんなそもそもの
頑張り方、努力の方法を間違えている。

 

だから、どんなに時間を費やしても成果が出ない。

 

プログラミングを学ぶ上で大事なのは

 

「頑張ってスキルを身につける」
のではなく、

 

「どのように頑張ればスキルが身につくのか」
考えて行動に移すこと。

 

これに限ります。

 

なので、既にプログラミングで稼いでいる人が、

 

どうやってプログラミングを学んだのか。

 

どうやってプログラミングで稼いでいるのか。

 

これを知って、
どれだけ無駄のない努力をできる人が
勝つワケです。

 

逆に言えば、
9割の人はこれができないから
挫折していくんです。

 

しかし、自分の周りには
プログラミングでそんな成果を出してる人なんて
いないよ…という方も中にはいるでしょう。

 

そんな人のために、
僕は自身の挫折経験〜
月収100万を達成し、
在宅ワークを実現するまでにやったことを

 

無料の公式LINEにて
全て包み隠さずに公開しています。

 

僕が対応できる人数にも限りがあるので、
最近は新規メンバーを募集していませんでした。

 

しかしプログラミング転職に成功する方が
直近で70名ほど一気に出たので、
また新規メンバーを募集しようかなと!!

 

先着100名と少ない枠ではありますが、
公式LINEにご登録いただいた方限定で

  • 実際に37名が月収100万を達成できた
    プログラミングでの稼ぎ方
  • 挫折率9割の壁をぶち壊す
    正しいプログラミング学習
  • 副業案件の獲得方法
  • プログラミングで収入UPと
    在宅ワークを実現するために
    必ずやるべき1つのポイント

等を解説したマガジンを
每日少しずつお送りしていきます。

 

先着100名には
“プログラミングで稼ぐための
基礎セミナー動画”も
無料配布します!

 

なのでプログラミングを学んで、
稼いで、在宅ワークを実現して、
自由な每日を送りたい方は
ぜひ無料の公式LINEに登録してくださいね。

下記のボタンを押して
画面が切り替わらない場合は
既に募集が終了しているので、
ご了承いただければと思います▼

プログラミングで収入UP&在宅勤務を目指す!!


※1タップでLINEの友達追加ができます。
※無料動画×3本を期間限定配布中!

年収が5倍になり、自由な每日を送る中で気づいた「自分を殺している人たち」の存在

僕はプログラミングを学んだおかげで、
たった1年で年収が5倍になり
自由な每日を送れるようになりました。

 

しかし、僕も決して
頭が良かったワケではありません。

 

むしろ僕は自分のことを
ずっと「不良品」だと思っていました。

 

周りの人に比べて物覚えが悪く、
理解力がない。

 

パソコンも得意じゃないし、
英語も数学もできない。

 

大学も留年したし、
営業マン時代も営業所内で
ワースト2位の売り上げ。

 

得意なゲームですら
友達に負けるし…

 

って感じだったので、
正直プログラミングを学ぶのも
恐怖心のほうが強かったです。

 

でも、そんな僕も、
勇気を出して一歩踏み出したことで、
たった1年で人生が変わった。

 

この経験を通じて感じたのは

生きたい人生を過ごせるのは
勇気を出して行動した人だけの特権である

ということです。

 

実際、社会で生きる人の多くは
自分の気持ちを殺しています。

 

やりたいことがあるけど、
自分にはどうせできない。

 

ホントはこんな生活がしたいけど、
どうすれば実現できるのか分からない。

 

言い訳を並べまくって
行動しない自分を正当化する人ばかりです。

 

他人に自分を否定されたらキレたり、
不快に感じたりする人ばかりなのに、

 

なぜか自分で自分を否定することは
なんとも思いません。

 

自分で自分の気持ちを殺すのは
平気でやるクセに、、です。

 

結局、自分を変えようと思うと、
昨日までとは違う行動、

 

普段の自分が取らない行動を
意識的に取っていくしかありません。

 

だって、
昨日までの人生の積み上がりで
今のあなたがいるワケなので。

 

昨日までと同じ行動を取っていても
明日…1年後のあなたが
劇的な変化を遂げている可能性は低いです。

 

しかも最近は
プログラミング業界が稼ぎやすいと
より認知されてきました。

 

なので、参入者もかなり多くなっています。

 

だからといって、
プログラミング業界が飽和する…とは
言いませんが、

 

先行者優位になりやすいのは
間違いありません。

 

先行者優位とは、
先に始めてる人が得できるってことです。

 

つまり、参入するのが遅れるほど、
先に始めている人に比べて
得られる利益が少なくなるってことです。

 

僕の公式LINEに登録いただいた方で
月収100万円の達成者が出てる事実を見れば、

 

まだプログラミング業界は
さほど先行組と後発組の差が
大きく開いてはいない。

 

というか、
ほとんどないと思います。

 

ここまでの話を知った上で、
今からプログラミングを学ぶために
何か動こうとするのか。

 

自分には無理だから、
どうせ変わらないから…と
気持ちにフタをして殺すのか。

 

それはあなたの自由ですが、
1年後の自分をイメージしてみて、

 

「ああ、あのときに始めればよかった…」

 

という後悔がないようにしてくださいね。

 

僕はやらないで後悔より、
やって後悔したほうが
マシだと思っているタイプです。

 

人生は1度きり、2回目はないなら、
やりたいことはやったほうがいい。

 

そんな僕の価値観に共感してくれる人、
これを見て頑張ろうと思った人は
下記のボタンから公式LINEに登録してみてください▼

 

プログラミングで収入UP&在宅勤務を実現!!


※1タップでLINEの友達追加ができます。
※無料動画×3本を期間限定配布中!

僕が約2年間のエンジニア生活で得た
全ての知識をたった10日間に凝縮して
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。