2日目 限定ブログ

どうも、だいきです。

前回のブログの感想、
登録者の9割くらいの方にいただけて
めちゃめちゃうれしかったです!

 

中には、
まだまだ不安そうな方もいましたが、

 

それは先が
目に見えないからだと思います!

 

何をすればプログラミングで
稼げるようになるのか、

 

そもそもどうやって
会社を探すのかとか。

 

そのへんは追って解説するので、
今後もマガジンを
ご覧いただければと思います!

 

そして、
返信ができてない方は
すみません。

 

今日中にお返ししますので、
少々お待ち下さい…!

 

では、本題なんですが、、

 

今日は過去に
僕のマガジンの内容を実践して
成果を出した読者さんたちの
実例を公開していきます。

 

公開OKはいただいたので、
お住まいやご年齢、性別、
元もとの職業とか、

 

僕が当時、
その人たちのことを
どのように見ていたのか?とか笑

 

本人たちに
話してないことも含めて
公開していきますね。

 

で、その後に
数千名以上もの読者さんの
変化を見ていて気づいた

 

「成功者に共通する
たった1つのポイント」

 

についても共有していきます。

 

先にネタバレすると、
成功する人は楽をするのが上手いです。

 

と言っても「??」だと思うので、
こちらの意味合いは
ご自身の目でご確認ください。

 

そして、
最後まで読んでくださった方には

10日で70万稼ぐフリーランスエンジニアのリアル

を友人に
レポート化してもらったので、
こちらをプレゼントします。

 

なぜ10日働くだけで、
70万円もの収入があるのか?

 

フリーランスエンジニアが
稼げると言われる意味が
少しは分かると思います。

 

今後、副業も絡めて
収入UPしたいとか、

 

最終的にはフリーランスを
目指したいとか。

 

そういう方は
ぜひ参考にしてみてください!

 

では、解説に入ります。


もくじ

1.【家を捨てた?料理やめた?】
プログラミング転職成功者の末路…

2.【成功する人の共通点】みんな楽をしたがる人ばかりでした

3.次回予告

4.無料プレゼント企画:
「10日で70万稼ぐフリーランスエンジニアのリアル」


 

【家を捨てた?料理やめた?】プログラミング転職成功者の末路…

では、早速ですが、
僕のマガジンの読者さんで
プログラミング転職に成功した
5人の方を紹介していきます。

 

まず、1人目。

 

29歳、男性の荻野さんです。

 

簡単なプロフィールは

  • 京都府在住
  • 元工場勤務
  • 高卒

という感じ。

 

現在は僕と同じように
企業で勤めつつ、
プログラマーとして
現場経験を積んでいるそうで。

 

転職してからは
9ヶ月ほどしかたってないけど、
なんと月収は60万円。

 

僕の元に来るサイト制作依頼も
2ヶ月に1回くらいは
さばいてくれてて、
かなりスキル高めな方です。

 

そして、スキルだけでなく、
連絡するといつも即レスなので、
発注者的に言えばすごく助かります。

 

これ、小さいことですが、
フリーランスとか、
副業でも稼いでくなら
結構重要です。

 

返信が1日以上来ないと、
お客さんの信頼は普通に失います。

 

なので、連絡はとりあえず返す。

 

忙しくて返せないときは
「あとで返します」と返す。

 

これだけで

 

「読んでくれたんだな」

 

と分かって安心するので。

 

お客さんを
どれだけ安心させてあげるか。

 

こういう気遣いが
長期的に仕事をもらう秘訣だったりします。

 

と、こんな風にスキルも
ビジネスマンとしての基礎能力も
かなり高い荻野さんなんですが、

 

僕のマガジンに
登録いただいた当時、
パソコンすらも持っていない状況で。

 

「とりあえず、
人生変えたいんで、
プログラミングのこと教えて下さい」

 

って感じの、
気合い以外は何も持ってない系の方でした。

 

そして連絡も返ってこない笑

 

連絡の即レスについては
僕がアドバイスして修正されたんですが、
それでも最初は返ってこなかったです笑

 

そして衝撃だったのは、
はじめてLINEが来たとき。

 

「サイトってなんですかね?」

 

と、LINEが入ってたときは
驚きで震えました、本当に笑

 

そこから!?
スマホ持ってるんなら
絶対に使ってるやろ!?!?

 

みたいな笑

 

なので、今でこそ言えますが、
荻野さんがこんなに
成果を出されるなんて、
正直最初は思ってなかったです笑

 

やはり努力量と方向性が
カチッとハマれば、
人って変われるんだなと。

 

今でも僕が
LINEマガジンを続けてるのは、

 

荻野さんの
変わりっぷりに感動したのと、

 

こんなに短期で変わってしまう
人の面白さに出会ったから
ってのもあります。

 

ちなみに荻野さんは今、
家がないらしいです。

 

どういうことかと言うと、
会社がフルリモートなので、
全国を転々とした生活をされてて。

 

つい先日は僕も滞在している
福岡にも来てくださって、
豚骨ラーメンやモツ鍋を食べながら、
仕事のお話とかもさせてもらいました。

今はコロナもあって、
海外の渡航は難しい部分もありますが、

 

今後、物価の低いタイで
プール付きの家で生活する話を
既に進めてるそうです。

(うらやましい)

 

荻野さんのように、
元々パソコンやサイトに関する
知識がない状態から

 

プログラミングを学んで
仕事にできる人は意外と多いです。

 

というか、
僕自身もプログラミングを始めるまでは
会社で最低限エクセルを
触っていただけでしたし。

 

これまでに
色んな方を見てきましたが、

 

むしろパソコンが得意な状態から
プログラミングを学んだ人のほうが
少なかったです。

 

(まあ、得意な人は
そもそも僕に頼らないとも思いますが笑)

 

なので、
現時点でパソコンが触れないから、
触り慣れてないから、

 

プログラミングができない、
なんてことはないので
安心してください。

 

大事なのは
結果につながる努力をすることなので!

 

で、続いて2人目、
25歳女性の陽菜さん。

 

簡単なプロフィールは

  • 福岡在住
  • 元保育士
  • 短大卒

って感じです。

 

陽菜さんは元々
保育士だったんですが、

 

給料の低さや
職場の人間関係、
保護者対応に疲れていて。

 

フリーランスになって、
人間関係を気にすることなく
自由に生きたい…と
ご相談をくださりました。

 

陽菜さんはプログラマーや
エンジニアは男性人口が多いことから、

 

「女性の私でも、
本当に大丈夫なんでしょうか?」

 

と性別とキャリア問題について
悩まれていましたが、
無事に転職に成功。

 

まだ転職されて
2ヶ月しかたってないですが、

 

「将来フリーランスになるために、
今はスキル伸ばしを頑張ります!」

 

といった感じで前向きに
仕事に取り組まれています。

 

性別のことも聞かれますが、
正直、本当に関係なくて。

 

僕のエンジニア友達には
女性で月150万くらい
稼いでる人もいるし、

 

ジョージアって国で
フリーランスライフを送ってる
19歳の女の子もいます。

 

この公式LINEの読者さんも
男女比率が半々か、
6;4で男性が少し多いのかな?くらい。

 

そして女性のほうが
どちらかというと成功されてます笑

 

というのも
女性の方で多いのが、

 

シングルマザーで
子どもの近くにいてあげたいから
できる限り早く結果を出したいとか、

 

将来、結婚して出産とか考えると、
それまにプログラミングスキルを
身につけたいとか、

 

期限を決めて行動される方が
男性よりも多いんですよね。

 

なので、行動までの速度も早いので、
他の人と比べてどんどん経験値が貯まり、

 

結果、気づいたときには
割と短い時間で変化できたな…みたいな。

 

要は、性別は関係なくて、
結局行動力だな、
って感じもありますが…。

 

なので、若干話がそれましたが、
別に女性だから不利とか、
そんなのはないのでご安心を!

 

では、続いて3人目の橋本さん。

 

簡単なプロフィールは以下の通りです。

  • 男性
  • 33歳
  • 宮城県在住
  • 元公務員
  • 大卒

橋本さんは元々
宮城県のとある市役所で
お勤めになっていて。

 

日々の単純労働に退屈になリ、

 

「こんな仕事を続けていて、
本当に自分のためになるのだろか?」

 

「公務員をこの先10年続けて、
得られるものはあるのだろうか?」

 

と、公務員として働く
自分の未来が不安で、

 

将来性のある
プログラミングを
学びたいとのことでした。

 

ちなみに、
橋本さんは奥さんもお子さんもいて、
家庭を持って大変な上、

 

公務員の仕事も続けながら
プログラミングを学習し、
転職に成功されました。

 

30代ということで
最初は「自分でも大丈夫なのか…」と
かなり不安な様子ではありましたが、

 

しっかり学習をして、
成果をあげてくださりました。

 

まだ転職して日も浅いですが、
既に1件5万の副業案件も納品済み!

 

会社に頼らず自分の名前とスキルで
お金を稼げたことにうれしすぎて、
納品日の夜は寝れなかったそうです笑

 

個人的にもこれからが楽しみな
読者さんの1人です!

 

橋本さんを見ていて思うのが、
何かをはじめるのに、
年齢って本当に関係ないよな…ってこと。

 

ネットで検索していると、
「エンジニア 定年35歳説」みたいな
ものも出てきますが、
正しい部分もあるけど間違いです。

 

どういうことかと言うと、
年齢に関係なく、
そこそこ経験を積んだエンジニアは
ディレクター業務に移ります。

 

なので、
エンジニアでありつつも、
Webディレクターという
肩書きに変わります。

 

ちなみに、
Webディレクターを分かりやすく言うと、
管理職みたいなもので。

 

自分が手を動かすというよりも
複数のエンジニアの
仕事の進捗を確認しつつ、

 

お客様の要望を聞きつつ、
成果物を完成まで導く…みたいな。

 

より上流のポジションに
上がっていく人もいます。

 

もちろん年齢に関係なく、
スキルが上がっていけば
若い人でもディレクターになれます。

 

僕の周りも割とディレクターだらけで。

 

ここまで行くと一気に複数の案件を
同時進行できたりもするので、
収入は伸ばしやすいです。

 

これから
プログラミング学習をはじめるあなたは、
ひとまずプログラマーを目指し、

 

ゆくゆくはエンジニアや
ディレクターなどの上流に上っていくと
より楽しくなってくると思います!

 

で、次に4人目、
学生の純一郎くん。

 

簡単なプロフィールは

  • 20歳
  • 男性
  • 東京都在住
  • 現役大学生

って感じです。

 

純一郎くんは、
就職活動を見越して、

 

「良い会社のインターンに行くために
プログラミングを学びたいです」

 

と相談をしてくれました。

 

で、学習を進めた結果…

 

無事に一定のスキルを習得し、
倍率20倍以上の
長期インターンシップ選考にも
受かったそうです!めでたい!

 

こんな風に学生さんでも、
先のインターンを見越して
プログラミングを学んでおくのは
超重要だと思います。

 

というのも、
プログラミングは今人気の職業。

 

インターンの採用枠も
取り合いが起こっている状況で。

 

良い会社ほど、
学生でもスキルを持っていて、

 

既に学習が進んでる人材を
インターン採用する流れが
加速しています。

 

なので、
Web系の企業を検討してる学生さんは
早めにプログラミングを学んどいて
損ないですよって話でした!

 

ちなみに、
僕が今学生に戻れるなら、
学生生活を楽しむのはもちろんですが、

 

間違いなく余った時間で
プログラミングを学びます。

 

もっと早く
プログラミングの可能性に
気づいてれば…

 

とか、今でも無限に思うので笑

 

そんな感じです!

 

何はともあれ、
後悔のない学生生活を!!

 

で、最後に5人目。
僕の前職の同期である翔平。

 

翔平は今配信している
マガジンの内容を
最初に
実践してくれた人物です。

 

僕がプログラミング転職に成功し、
はじめて副業案件の納品を
終えたころに

 

「挫折しないプログラミング学習方法」
を彼に教えました。

 

で、結果としては、
僕と同じように
3ヶ月でプログラミングを学び、
その後、転職に成功。

 

で、その後も経験を積んで、
今では僕と同じく
月収100万プレイヤーです。

 

ちなみに翔平は
週2日出勤、3日在宅ワークの
会社で働きながら、

 

在宅の日は
昼間からスポーツジムで
体を鍛えるような生活を
送っています。

 

あとは急に
ブランドものの服や
アクセサリーを
まとうようになりました笑

 

こんな風に、
実際に僕と同じく
月収100万を突破した読者さんも
割と輩出できている状況で、
徐々に確度も高くなってきています。

 

もちろん、
全員でゴリゴリやろうぜ!!
って感じではないですが、

 

頑張り次第では
そんな数字も狙えるのが
エンジニアという
職業の魅力かなと思います。

 

そもそも選ぶ職業で
収入の最大値や増やしやすさって
決まるので、

 

どこの領域で働くのか?

 

何を仕事にするのか?

 

僕のように仕事は仕事。
好きなことは余った時間とお金で楽しむ!

 

みたいな方は特に
どこで頑張るかを選ぶの、
割と重要だと思います。

 

もちろん、
仕事の中でも楽しさはありますが笑

 

そんな感じですね!

 

以上、読者さんの紹介でした。

 

続いて、
僕が過去に数千名の読者さんの
変化を見る中で気づいた、

 

成果を出す人の
たった1つの共通点を

お伝えしていこうと思います。

【失敗しない人の共通点】みんな楽をしたがる人ばかりでした

僕のマガジンの読者さんを
見ていて気づいた、
成功する人の共通点。

 

失敗しない人の共通点。

 

それは「楽をしたがる」です。

 

正確には「楽をするのが上手い」ですね。

 

 

あなたは、

 

「プログラミングスキルを
身につける最も確実な方法」

 

が何か分かりますか?

 

それは既に結果を出してる人が、
どうやって結果を出したのか知り、
マネをすることです。

 

というのも、
世の中のありとあらゆるものは、
過去の偉人の成功を元に
作られたものばかりです。

 

たとえば、電球。

 

電球のメーカーと言えば、
Panasonicや三菱なんかが
有名ですよね。

 

でも、あの電球って元々は
エジソンが開発したものを
現代風に手を加えて作られてますよね。

 

つまり、
エジソンの成功例を
そのまま商品化して
収益を立ててる会社というワケです。

 

(言い回しが悪いかもです…。
お気に障られた方がいれば
申し訳ないです。)

 

じゃあ他の事例を見てみましょう。

 

僕たちの身近なところだと、
小学校で習う
数学の公式ですね。

 

三角形の面積って
(底辺×高さ÷2)の公式で
求められるじゃないですか?

 

でもこれって、
過去に三角形の面積は
(底辺×高さ÷2)で求められる
事実を発見してくれた学者さんがいて、

 

僕たちはその方が編み出した
公式に数字を
当てはめてるだけですよね。

 

学者さんが編み出した
成功例(公式)に
数字を当てはめるだけで
問題が解けてしまう。

 

これも1つの真似ですよね。

 

じゃあここで、
あなたに問題です。

 

三角形の面積を求める公式は
(底辺×高さ÷2)以外にも
いくつかあります。

 

が、現時点で発見されていない公式、
まだ世の中に出ていない公式を
自らの手で発見してください。

 

と言われれば、
誰だって気が遠くなりますよね。

 

じゃあ問題を変えて、
エジソンが発明した電球。

 

この電球以外のもので、
全く同じ役割を果たす
別の物体を1から作りげてください。

 

既に世の中にあるものはダメです。
完全に新しいものを作ってください。

 

と、言われても無理じゃないですか?

 

意地悪な質問ですみません。

 

この話、何が言いたいかというと、、

 

世の中に存在するものは
全てが過去の成功例、

 

もしくは成功例の
掛け合わせで作られている、
ということです。

 

電球も、
三角形の面積を求める公式も、
飛行機も、包丁も、
教育という制度も、
全ては過去の成功例の真似。

 

成功例の真似をすることで
成功している企業や個人が
世の中には溢れています。

 

これが成功するための法則。
プログラミングの場合も同じです。

過去の僕もいきなり独学で
プログラミング学習を始め、
2度も挫折しました。

 

では、いきなり独学を
始めたことの
何が問題だったのか。

 

それは、プログラミングで
お金を稼いでいる人、
転職に成功している人が

 

どのような手順で成功したのかを
知ろうとしなかったから。

 

我流で新たな成功のルートを
作ろうとしていたからです。

 

電球に代わるものを
新しく開発するのが困難なのと同じで、

 

すでにある
成功例の要素を汲み取らずに
成功するのは無理なんですよね。

 

ノーベル賞受賞者級の
天才学者とかであればいけるかもですが笑

 

しかし、過去の僕も含めて、
プログラミングになった途端、
我流でもなんとかなると思い込んで
行動してしまう人が本当に多いです。

 

東大生とかならまだしも、
そうでないのに
自分の力を過信しすぎる。

 

これもプログラミングで
挫折する人が9割もいる
理由の1つです。

 

実際に僕の公式LINEは
既に学習を開始している人にも
割とご登録いただいてますが、

 

みなさん我流で学習を進めて、
挫折寸前、1度挫折した…
って方がほとんど。

 

これを見て分かるように、

 

「成功している人が
なぜ成功できたのか?」

 

「どういう思考で
どんな行動を取って
成功までたどり着いたのか?」

 

学習を開始する前に、
そもそもの頑張り方を知るのは
超重要です。

 

誰よりも頑張って走っても、
決められた道順で行かないと
マラソンって
ゴールできないじゃないですか?

 

これと同じ。

 

ゴールの方向と
道順が分かってないのに走りだす。

 

そんなことをしていては、
いつまでたってもゴールできないし、

 

走っても走っても
前に進まないんですよね。

 

むしろ後退する可能性だってあります。
だって、ゴールの方角、
分かってないんですから。

 

なので、僕の公式LINEは、
どうやって頑張るべきなのか?

 

逆にやってはいけないことは
何なのか?

 

これらを徹底的に解説する形を取ってます。

 

ゴールの方向と道が分かれば、
あとは走るのか走らないのか、
選ぶだけなので。

 

と、話が長くなりましたが、

 

成功するなら成功者を
徹底的に真似る。

 

成果が出ている読者さんの
唯一の共通点です。

 

これさえできれば、
年齢、性別、学歴、資格とか
一切関係ないです。

 

成功者を真似て
スキルをつけるのが1番大事。

 

これはプログラミングだけでなく、
何にでも当てはまることなので、
ぜひ覚えておいてください。

 

ではこの辺で…

次回予告

次回は

プログラミングで挫折する人を増やす
ネット広告やインフルエンサー
情報商材販売者の闇を暴露

というテーマの
マガジンをお送りします。

 

タイトルを見て分かる通り、

  • 語弊のあるネット広告
  • インフルエンサー
  • 情報商材販売者

たちのせいで
プログラミングで
挫折する人が多発しています。

 

僕の元にも無限に相談が来るので、
この件は次回で
ハッキリ言わせてもらいますね。

 

なぜプログラミングで
上手く行かない人が
圧倒的に多いのか?

 

気になる答えは明日のマガジンで!

無料プレゼント企画のご案内

では冒頭でもお伝えしていた

10日で70万円稼ぐフリーランスエンジニアのリアル

レポートのプレゼントです。

 

条件は、
今回のマガジンの感想を送ってもらうだけ。

 

これだけで、
なぜフリーランスエンジニアは
稼げると言われるのか?

 

謎が解けると思います。

 

短時間の仕事で
収入を上げる秘密を
丸っと公開してくれてるので、
興味のある方はぜひ!

 

では、今日はここまでです!

 

あなたのご感想、お待ちしています!